3重とび練習方法

時間無制限で3重とびを何回連続で跳べるかを競う競技です。
足が地面に着いた回数をカウントします。
途中で失敗した所で競技終了です。
最初に前とびや2重とびなどの予備跳躍を入れてもいいですが、カウントされません。
30回以下で失敗した場合はもう一度だけ挑戦ができます。

 

1.3重とびを練習する

まずは3重とびを連続で跳ぶ練習をしましょう。
2重とびが20回程度出来ると、3重とびが出来ると言われています。
縄跳びを少し短くし、ジャンプ台やトランポリンを使った練習などが効果的です。

 

2.目標回数を決める

100回までは回し方や縄跳びの工夫で上達します。
10回刻みで目標回数を決めて練習をしましょう。
新記録が出るときは1-2回伸びるのではなく、10回以上も一気に更新することがほとんどです。
記録があまり伸びなくても諦めずに練習を続けましょう。

■おすすめのロープ

3重とび連続は持久力との戦いでもあります。
そこで多くの競技選手は「ワイヤーロープ」と呼ばれる特殊な縄跳びを使用しています。
この縄跳びは金属製のワイヤーで出来ており、一般的なビニール製よりも腕への負担が少なく回すことが出来ます。

ワイヤーロープの購入はこちらから

また縄の長さは普段使っているものと同じにするといいでしょう。
慣れてきて回数が増えてきたら自分に合う長さを研究してみましょう。
選手によっては通常よりも長い人もいます。

Posted in 選手権大会.