シングルロープスピードリレー

4人1組で30秒スピード(かけ足)をリレーします。
「スイッチ!」の掛け声で次の人がスタートします。
競技中は跳ばない人もエリア内にいなければいけません


 

1.各スピードの練習をする

団体戦ですが、各個人のやることは個人戦の種目と同じです。
練習方法のページを参考に記録を伸ばしましょう。

30秒スピードの練習方法

 

2.リレーの練習をする

団体戦で重要なのは「スイッチ」と呼ばれる入れ替えの瞬間です。
機械音声のスイッチに合わせて上手に次の人がスタートできるように練習しましょう。
音声より早くスタートしてしまうとフライングになるので注意が必要です。

 

■おすすめのロープ

30秒スピードはできるだけ早く縄を回す必要があります。
そこで多くの競技選手は「ワイヤーロープ」と呼ばれる特殊な縄跳びを使用しています。
この縄跳びは金属製のワイヤーで出来ており、一般的なビニール製よりも早く回すことが出来ます。

ワイヤーロープの購入はこちらから

また縄の長さは少しずつ短くしていきましょう。
最初は普段跳ぶ長さのままでいいですが、上達するにしたがって徐々に短くします。
縄は短いほうが早く回すことが出来るからです。
ただし短くすると失敗しやすくもなるので、失敗しないギリギリの長さで調節するように気をつけましょう。

Posted in 選手権大会.